闇金と家族

家族が闇金から借金をしてしまったら法律家に相談

闇金とは怖い人たちが酷い高利で貸し付けて、脅しまがいの取り立てをするというイメージがあると思います。

しかし、貸金業法の改正や規制強化によってそういったイメージ通りの業者は今はあまりいません。

それでもお金を借りたいという人はたくさんいるので、闇金は形を変えて存在しています。

特に最近ではスマホでネットなどに簡単にアクセスできるので、闇金とは一見わからないような広告などから借り入れを申し込んでしまうケースがあるのです。

ネット経由だと申し込みフォームなどに個人情報を簡単に入力してしまうことから、闇金業者に職場や家族のことなどまで知られるということになります。

そこからいろんな手口でお金を請求したりしてくる場合があるので、早急に対策をしなければいけません。

まずは「闇金かも?」と思ったら弁護士事務所や司法書士事務所に無料相談することをおすすめします。

闇金の暴利の返済や意味不明な請求はしなくていい

闇金から借り入れしてしまったお金で、法律に沿っていない金利の返済はする必要はありません。

さらに言えば貸金業として届け出されていない悪質な業者に関しては元金すら支払う必要はないのです。

闇金との契約は貸金業法の規定や公序良俗に反する行為として、法律上契約自体が無効になるからです。

このような違法行為の貸付については、違法な闇金業者は守られる権利が認められていないので借りた側に返済義務はありません。

闇金からの取り立てを即時ストップ

闇金から返済の督促として電話などが執拗にかかってきたり、職場や家族にまで連絡されたりすることがあります。

また、差し押さえと称して自宅の家財道具や家電製品などを勝手に持って行ってしまうなどと悪質なケースもあります。

そんな事態になっていても、弁護士が闇金との間に入った瞬間から闇金業者は取り立てをしてはいけなくなります。

弁護士が入っているのに債務者に取り立てを行う行為は貸金業違反となるからです。

闇金もそれがわかっているので、弁護士が出てくると取り立てはあっさり諦めることが多いのです。

一人の顧客の少額な貸し付けにこだわって警察への情報提供や刑事告発などの措置を取られてしまっては闇金も商売あがったりなので意外にすぐ引き下がるものです。

返済したお金を取り戻せる(場合もある)

闇金業者にすでに支払い済みのお金については、利息や元金について返還請求できる場合があります。

ただし、闇金業者に実態がない裏稼業の場合には、直接交渉等がむずかしく、警察への被害届の提出や、裁判所への訴訟提起などの法的手続きの対応が別途必要になってきます。

闇金からお金を借りたりしてしまったら弁護士などに相談を

闇金の法律事務所選びは大事

闇金と知らずに借り入れてしまった場合やクレジットカードの現金化など怪しい方法を教えてくる業者にかかわった場合はすぐに法律事務所に相談しましょう。

弁護士などの法律家が介入した時点で闇金業者は逆に自分たちの立場が危うくなるので、深追いせずにあきらめるケースがほとんどです。

闇金業者はどこからも借りれない人に貸すので基本的には少額しか貸しません。

だから、一人の顧客にこだわって訴えられたりするほうがリスクが大きいのです。

法律事務所を選ぶ際に最も重要なのは実績と交渉力になります。知名度があれば闇金業者も「あの事務所が出てきた」ということで早々に引き下がるのです。

選ぶ基準としては

  • 闇金の相談件数、解決件数などが多い実績がある法律事務所
  • 相談を無料で行っている(実績が多い、自信がある表れ)
  • アフターフォローをしている(解決後も闇金からの危害を受けないように配慮)
  • 全国対応の法律事務所(闇金業者にも名が通っていると交渉がスムーズ)

普段弁護士事務所などを利用することはないと思いますが、事務所によってどういう案件に強いかという特色があり、闇金とか借金問題に強いという事務所を選ぶのがいいでしょう。

また、少額の交渉の場合は弁護士ではなく、下のオススメ2番目の司法書士事務所に頼めば費用も安くスピーディです。

闇金問題の実績が多く交渉力のある法律事務所

サルート法律事務所で闇金の返済義務無くす

土日祝も相談・カウンセリング無料!

弁護士歴39年のベテラン先生で安心!

全国対応で解決もスピーディ

弁護士費用は分割可能

闇金問題にノウハウがある弁護士法人サルートは弁護士歴が39年のベテラン先生が対応してくれます。これまで様々な刑事事件、民事事件を解決した実績があり経験豊富で、ヤミ金などの違法債権者から消費者金融の債務整理まで幅広く対応も可能で心強い。また、相談カウンセリングは無料で、そこからもし依頼するようなこととなれば対応は即日開始で解決までスピーディなのも魅力的です。

サルート法律事務所メールフォームはこちら


ベルマン会計法務事務所(闇金)で闇金の返済義務無効に

最短1日の早い対応!

土日祝も相談は無料

アフターフォローも充実

全国対応で安心

ベルマン会計法務事務所は、闇金にも対応している法律事務所で最短1日で、闇金の取り立てを止める実績があります。メールでの受け付けは24時間受付で、その際の相談料は無料、さらに全国各地からの相談に対応しているので安心です。

ベルマン会計法務事務所(闇金)メールフォームはこちら


闇金かどうか判断しにくいインターネット広告の罠

貸金業法の改正によって実は消費者金融から借りれない人が増えて闇金に手を出してしまうという人が増えています。

インターネットが発達して、スマホも一人一台持つようになると融資できるところをネットで簡単に探せてしまいます。

そこで、即日融資、審査甘いなどの文言で広告を出している闇金業者に申し込んでしまうのです。

見た目は一見闇金とはわからないので、お金に困っている人は避けようがないというのが実態のようです。

ホームページや広告、チラシなどで以下のような文句がある場合は要注意です。

  • 即日融資
  • 簡単審査
  • ブラックOK
  • 現金化できます
  • 借金の一本化

貸金業法では誇大広告は禁止されていて、できないことをさもできるように表示することは禁じられています。

例えば以下のような闇金の手口にだまされる人が多いといいます。

闇金に返済義務なし

090金融

090金融とは聞いてわかる通り、チラシや広告などに掲載されている電話番号が090から始まる携帯電話番号を表示させている貸金業者です。

貸金業法では必ず固定電話の番号を貸金業登録する必要があり、広告やチラシなどにも固定電話番号を必ず載せなければなりません。

さらに、この携帯電話番号は架空の名義だったり、盗品であったりすることがあり、闇金業者の存在が特定できず警察も捜査しにくくなっています。

また、0901-234-5678のようにハイフンを入れることで、携帯電話番号でないような記述の仕方をしている場合があるので注意が必要です。市外局番で3桁目に0がくる地域はありません。

携帯買取

携帯買取の闇金手口は、融資を申し込むと携帯電話を契約するように促され、携帯数台の名義貸しの代わりに融資をするというものです。

携帯電話本体を送ってもわずかなお金しかもらえなかったり、通信費用をあとで携帯電話会社に請求されたりします。

闇金に渡った携帯でも自分が契約しているので、電話料金の支払いを滞納すると携帯電話会社からブラックリストに載せられます。

携帯電話や銀行口座を他人に譲渡するのは犯罪です。

紹介屋

紹介屋という名称は、闇金のジャンル分けするためにつけられた呼称であり、紹介屋という風にチラシや広告には書いていません。

紹介屋は普通のサラ金を装い、そこに融資を頼むと、うちからは貸せないが別のところなら貸せるというよう別の闇金業者などを紹介してきます。

紹介されたところで実際に借りた場合、その金額の一部を紹介屋に手数料という形で支払うように言われるのです。

たいていどこからも借りれない多重債務者がターゲットになり、紹介と言いつつただの闇金を紹介されて手数料まで取られてしまうという結果になってしまいます。

○○なら貸せますよという紹介にはご注意!

押し貸し

押し貸しとは多重債務者やブラックリストに載ってしまった人にダイレクトメールなどをまず送り付けます。

それを見た人から融資の申し込みがあった場合に銀行口座番号を聞き出し、勝手にお金を振り込んで高い利息を請求する手口です。

押し付けるようにお金を貸してくることからそう呼ばれています。

口座番号や個人情報をむやみに教えないこと!

カラ貸し

カラ貸しは闇金というよりどちらかといえば詐欺のようなものです。

多重債務者などの名簿を手に入れて、そこからターゲットに電話などをし、覚えてないような過去の債務が滞っているかのように言って、お金を請求するものです。

たいてい、借金を無しにするので最後に〇万円支払うだけでいい、というようにお得な気にさせることを言ってくるので騙される人もいます。

借り入れた履歴はしっかり把握しておこう!

整理屋

整理屋というのは、借金問題や債務整理を請け負うという名目で近づいてきて、債務者から委任手数料をだまし取る手口です。

例えば返済を肩代わりするからと、実際の借金の総額より少ないお金を要求してきます。安心して払ってしまうと連絡がつかなくなり、肩代わりしてくれるはずの借金もそのまま残ってしまうというものです。

悪徳司法書士を利用する手口もあります。法律家を使って債権者に交渉をするように連絡をし、実際に取り立てを中断させ、その報酬を払われたのを確認するとそのあと何もしなくなり、また借金の取り立てがくるというものです。

法律事務所はしっかり選ばないと悪徳業者という場合もありうる。

法律事務所に相談して解決した例

20代男性フリーターの事例

闇金返済義務なしの事例

フリーターで月々の収入が少ないにも関わらず、競馬やパチンコにはまってしまったFさん。消費者金融借り入れをしては返済を繰り返していましたが、ギャンブルで儲かるはずもなく、借金はどんどん増えました。最終的にどこにも借りられなくなったので、スマホで融資できるところを探していると「審査なし、即日融資」の文字を見て、早速1万円を借り入れをしました。ですが、なんとなく怪しい気がしたのですぐに返済しようとしました。すると担当者の態度が急変し、すでに利息がついているから今日中に4万5千円振り込めと言われたとのこと。2つの口座に分けて振り込むように言われたが、そのうち一つは振り込めない口座で、担当者とも連絡が取れず翌日に。すると担当者が金額が不足していると再度5万円の請求をしてくる始末。払えなければ家族や職場に肩代わりしてもらうと脅されたので、どうしようもなく法律事務所に相談することに。

【解決方法】
この場合は家族や職場の情報を申し込みフォームから闇金業者に送ってしまっているため、家族や職場には前もって闇金業者のことを伝え、お金を振り込んだりしないということを周知徹底することが先決でした。闇金業者の違法な金利の返済義務はないですし、元金以上のお金を支払っているので弁護士から直接交渉した結果、闇金業者も弁護士が出てきたらおずおずと引き下がり和解で終了。090金融で実態がつかめなかったため、払ったお金は戻ってこないがこれ以上訴訟をしても無意味と思いこれ以上は何もしませんでした。


30代男性会社員の事例

闇金返済義務なしの事例

家族のことで急な出費でお金が必要になり、仕方なく消費者金融で借り入れをしようと思ったTさん。ネットで借入先を見つけて自分の情報や会社の情報などを入力して審査待ちの状態に。しかし、その業者は聞いたこともない消費者金融で利息も適切ではありませんでした。とりあえずまだ借り入れをしていないのでキャンセルすることを業者に伝えると手数料を3万円請求されました。払わなければ会社や家に嫌がらせをすると脅してきました。面倒なので3万円支払うと、何かと理由をつけてさらに5万円請求されました。目をつけられてしまったので何とかしたいと法律事務所に相談しました。

【解決方法】
この場合はお金を借りてもいないので何も支払う義務はないケースですから、弁護士を通じて断固支払いしないという姿勢を通しました。闇金業者も弁護士などの法律家が入った時点で振りになることをわかっているのでそれ以来連絡はありませんでした。それ以来この業者からは何の連絡もなく不安がなくなったとのこと。最近はこう言ったキャンセル料請求や手数料請求という名の被害が多くなっているといいます。不安をあおることでお金をだまし取れるということもあり、手軽に闇金業者が使ってしまう手口となっています。


40代男性会社員の事例

闇金返済義務なしの事例

住宅ローンやキャッシングなど生活費や家族のためにいろいろ借り入れをしていたので、急な出費が必要な時に消費者金融から借りれない状態でした。いろいろネットで探して「即日融資」の文言を見て申し込みフォームに個人情報や家族の情報、会社の情報を記入して送信したKさん。しかし、そのあと携帯電話を3台契約して送ってくれればお金を貸すとの連絡が。おかしいと不安に思って調べるとこれは闇金の手口だと知ることに。すでに個人情報を入力してしまっていて不安と恐怖があり、どうにか縁を切りたいと思い、法律事務所に相談することにしたのです。

【解決方法】
このケースの場合は携帯電話を送る前に気づいたので事なきを得ましたが、携帯電話を送ってからの相談が多くなっています。闇金業者は他人名義の銀行口座や携帯電話を使って足がつかないようにする必要があるのです。そのため携帯電話のストックをたくさん持っているほうがいいので、このような手口を使います。とりあえず、弁護士事務所からこの業者に連絡をして弁護士介入の旨を伝えることで相手が何もしてこられないようにしました。ただ携帯電話や銀行口座などを他人に譲渡するのは犯罪なので絶対にしないようにと忠告したということです。


このページの先頭へ